Sunray Works

フリーランスで働くママのブログです。ローカルネタや気になることを中心に書いています。

レジャーや旅行は記事を書きためるチャンス!検索エンジン向けのジャンルです

f:id:sunrayworks:20170410221445j:plain

ブログを始めてからしばらくの間は、なかなかアクセスされなくて悩むことが多いと思います。

たまに才能がある方だと10記事程度でもブレイクして人気ブログになるのですが、大体は3ヶ月くらいずっと更新してだんだんアクセスが来るようになると思っていた方がよいです。

私はいくつかのブログを運営してきて、どれも軌道に乗るまでは半年くらいかかっていますので成長が遅いタイプなのだと思います^^;

ブログのいいところは、SNSとは異なり書いた記事がストックされていくことです。

なのでその時にしか通用しない話題よりも、後々検索されそうなことを想像しながら書いていくといいですね。

今回はその中でも検索向きのジャンルである、レジャー・旅行記を書いておくといいよというお話です。

2年前に書いた記事が未だに読まれる

私は運営しているブログでたまにレジャーや旅行に行った時のレポートを書くことがあります。

子どもがまだ小さいのでそんなに頻繁には行けませんが、出かけたところは写真を必ず撮ってその時の感想とともに記事に残しています。

その時に書いた記録は、後々同じ場所に出かけようと思っている人にとって貴重な情報になるのです。

例えばとあるブログでは2年前に子連れでディズニーシーに行った時のことを書いたのですが、その記事は一定のキーワードで上位表示されていて未だに多くのアクセスがあります。

レジャーに行った時に単に楽しかったと感想を書くだけでなく、困ったことや事前に準備しておくと便利なものを載せておくと便利ですね。

ガイドブックには載っていない、実際に体験した人のレポートというのは貴重なのです。

コツは季節と天気、誰と行ったのか、ハード面の3つ

レジャー・旅行で参考になるのは、「いつの季節に行ったのか、天気はどうだったか」「誰と行ったのか」「食事や設備といったハード面はどうだったのか」の3つに集約されると思います。

同じ場所に行くのでも、真冬か真夏かで準備は全く異なりますよね。

友達と行くのか、子連れもしくは高齢の両親なのか…といった同行者の情報も重要です。

食事のレポートやホテルの内装などのハード面は、文章よりも一目で分かる写真が適しています。

タイトルはよく考えて、ガイドブックも紹介しておくと◎

そしてタイトルも検索されやすいキーワードを考えてつけるようにしましょう。

レジャーの場合は正式な施設名と略称を併記するとよいです。(例:東京ディズニーランド(TDL))

旅行だと地名と目的、泊まった旅館も不自然にならない程度に入れられるといいですね。(例:熱海 子連れで温泉旅行にオススメの星野リゾート)

記事の最後には、関連するガイドブックをいくつかAmazonアソシエイトで紹介してみましょう。

旅行であれば代理店や交通機関へのリンクも貼っておくと親切ですね。

レジャー・旅行記のいいところは、検索エンジンで読まれやすいのはもちろんのこと自分のための記録にもなるのです。

その時に感じたことは時が経つにつれてだんだん忘れていってしまうのですが、記事を読むと当時の思い出がよみがえってきます。

近場で行われたお祭りや展覧会も同様に記事に残しておくのもオススメです。ぜひ試してみてください。